ダポキセチンの効果

先発薬として登場している抗鬱剤の一種とされるプリリジーの後発薬として販売が行われているダポキセチンとは、成分名でもあり商品名でもあり異なる意味を二つ持ち、ここでは早漏改善薬として用いられるものとしての説明を行っていきます。

ダポキセチンは先行するプリリジーと同様にSSRIの系統に分類されるもので、これは選択的に5-HTにのみ作用する事ができまた神経物質が脳内に再取り込みされる事を阻害する事で脳内の筋繊維シナプス間隙での濃度を上昇させる事で気持ちを落ち着かせる作用をもっており、本物質が不足する事で改善すると意欲や関心が向上するとも言われますが、抗鬱剤としてではなく早漏改善の薬剤として用いるとNAの優位性を低減させる事に繋がり、この物質は自律神経の内、交感神経に大きく関わる物質となります。

PEの原因と考えられるのが交換神経が異常な興奮状態に陥る事であり、この神経は男性の方の射精時に優位にそして活発になるものと考えられ5-HTが不足する事で起こるとされているので、二つの物質双方が均衡を保つ事で症状を改善する事が出来るとされ射精感の減退に繋がり又、射精までにかかる時間を増幅させる事ができ、症状が生じている時と比較して約三倍程まで時間を延長させる効果を得る事が出来ます。

又、自身の意志で射精感を有る程度操作出来る様になるので有効性は高いと考えられ、内服者の約半数は効き目を実感しているとの報告もあります。
世界的にも初めてとなるPE改善の経口内服薬になり、また本剤以外に同系統の薬で同様の効果を持つ薬は無く唯一の薬剤であり又、他の抗鬱剤を用いても症状の改善には繋がらないので留意する必要があります。

経口内服によるので副作用の可能性は有り、吐き気あるいは嘔吐、頭痛、下痢、血圧が上昇する等がみられ重篤なものではありませんが、一時間程度で治まると考えられているので長時間に渡って症状の改善が見られない際には医師への受診を必要とします。